パソコン廃棄時にデータ消去はどうすべきなのかをコチラでご確認ください

パソコン廃棄時にデータ消去はどうすべきなのかをコチラでご確認ください

パソコン処分をするときに忘れてはいけないのが、データの処分です。大事な個人情報を守るためにも忘れてはいけないステップのひとつです。ココではパソコン廃棄のときに出来るデータ消去法について紹介します。

レファレンス★パソコン処分 http://www.pczero-web.com/

●自分でハードディスクを取り出す
自分でパソコンを分解してハードディスクを取り出し保管をする、もしくは物理的にハンマーやかなづちなどで破壊すると言った方法があります。そしてハードディスクを取り出したパソコンを廃棄・処分するのです。もしこのときにデータがハードディスクにまだ入っているのなら、バックアップ用においておくことも出来ます。

このハードディスク自体はパソコン本体ではないので、不燃ごみまたは資源ごみとして処理することが可能です。もしあなたがパソコン本体をメーカに郵送して破棄しようと思っている場合は、ハードディスクを取り出してもいいか必ず確認をするようにしましょう。

●ハードディスクの取出しが難しい場合
パソコンの電源がまだ入り、中の高額ドライブが動くときは、ハードディスクを取り出さずにデータを消去することも可能です。フリーでデータを消去できるソフトもあります。

●メーカーや業者に頼む
パソコン廃棄・処分尾業者によってはデータの消去そして消去したことの証明書の発行まで行ってくれるところもあります。もしあなたがハードディスク内のデータがそれほど気にならないのであれば、パソコンをそのまま業者に渡して処分してもらうのが一番楽です。

●まとめ
データの管理が不安なら自分で全てやる、大事なデータがないと思うなら業者に任せてしまいましょう。業者に頼むときは、確実にデータを消去してくれるか、確認をしてできれば証明書をもらったほうが安心できます。

◆普通に捨てられないパソコン処分の方法
古くなって使わなくなったパソコン。どうやって捨てたらいいのか知っていますか?ここではパソコン廃棄の方法について紹介します。

●普通のごみとして捨てられない!
パソコンやディスプレイは「資源有効利用促進法」という法律によってメーカーが自主回収してリサイクルすることを義務付けられています。またパソコンの種類も事業用パソコンと家庭用のパソコンに分けられています。対象になるものは、ノートパソコン、デスクトップ型パソコン、ディスプレイです。

基本的にこれらのパソコン類は自治体での処分や回収は行われないので、不燃物や粗大ごみとして出すことは出来なくなっています。ただプリンターやマウス、キーボードなどの周辺機器と呼ばれるものは自治体などで不燃物や粗大ごみとして回収してもらえます。

各自治体のHPで確認しましょう。

●パソコン処分の方法は?

・業者に発送して処分してもらう
もし近所にパソコンの廃棄を行っている業者がいればいいのですが、ない場合は業者に発送をして処分してもらうやり方が一般的です。送料は自己負担で廃棄費用は無料と言う場合が多いです。会社によっては中のデータを消去してくれるところもあります。

・メーカーに回収してもらう
メーカー回収してもらうときの注意点はPCリサイクルマークがついているかどうかです。このマークがついていると回収は無償で行ってもらえます。平成15年10月以前に販売されたパソコンはこのマークがついていないので有償になります。メーカーに回収してもらう場合はデータ消去は自己責任になるので注意が必要です。

詳しい手順は各メーカの問い合わせ窓口で確認しましょう。メーカーによっては買取をしてくれるところもあります。