パソコンを処分したいのですが、macのデータ消去方法について教えて下さい。macのデータを完全消去!標準装備のゼロ消去機能の使い方。

Macを処分するときは、個人情報が漏れないようにデータを完全消去しなければいけません。通常の消去やOSの再インストールをしただけでは、データ復旧ソフトを使えば個人情報を入手されてしまいます。なぜなら、通常の消去や再インストールでは、データそのものを削除しているのではなく、ハードディスクのどこにデータが記録されているのかという管理情報を削除しているだけだからです。データそのものを削除するには、ハードディスク全体を別のデータで上書きする必要があります。

Macにはゼロ消去と呼ばれる完全消去機能が標準装備されているので使ってみましょう。ハードディスク全体を0で上書きしてから消すという仕組みになっています。ゼロ消去を行ったハードディスクのデータは、復旧させることはできません。必要なデータがあれば、バックアップを取ってから消去作業をして下さい。

1.USBメモリのインストーラを使ってmacを起動して下さい。デスクトップ画面の上部にあるメニューバーから、移動を選んだあとユーティリティを選択します。もし移動という項目が出てこなければ、デスクトップ画面の適当な場所をクリックしてみて下さい。

2.ディスクユーティリティ画面が出てきたら、左側にあるディスクを選択します。消去メニューを選んでからセキュリティオプションを選びます。

3.確実な消去オプション画面が表示されるので、好きな消去方法を選んで下さい。(確実な消去オプション画面は、OSのバージョンによって多少異なります)どの消去方法を選ぶかで迷ったのなら7回消去がおすすめ。アメリカの国防総省の基準に合った消去方法なので安全です。企業ならともかく、一般家庭で使っていたパソコンなら35回消去を選ぶ必要はありません。

4.消去ボタンを押すと確認画面が出てきますので、消しても良いのなら消去ボタンを押して下さい。消去作業中は、画面の右下にメーターが表示されるので進行具合をチェックできます。7回消去はかなり時間がかかるので、外出前や寝る前にやると良いでしょう。